デスクトップの選び方

いよいよボーナスなども支給されて自宅用にデスクトップPCを購入することを考えている方もいらっしゃると思います。
現状タブレットなどが主流の世の中ですが、やはりデスクトップPCは一台あると非常に便利です。
しかし、後々後悔しないためにも、デスクトップPCを購入するにあたって注意したいことがあります。

用途を決めておく

何に使うかを決めておくのが一番です、動画編集用、ゲーム用、写真現像用というような高性能な機能を要求されるような扱いから、自宅のサーバー使用というような使用用途もあります。
基本的に性能が高いほうが良いですが、後者であればある程度のスペックを持っていて、後々拡張できる性能があれば良いと思われます。
もし前者のような使い方を求めてデスクトップPCを購入した場合に、『結局使わなかった』と後悔してしまうことになります、しかし後者の使い方をしていて、前者のようの扱いを必要となったときに、拡張性の無いデスクトップPCを購入していると、新たにハイスペックなデスクトップPCを購入せねばなりません。

間違っても一体型などは買わない

スタイリッシュ!や置き場所に困らない!とう名目で、液晶一体型のデスクトップPCを購入してしまう人がおりますが、一体型は拡張性が無いばかりか液晶が壊れた場合結局モニターを別途購入するなどが必要になってしまいます。
その他の故障箇所が発見されたときも、一体型は一点ものの部品を使用していることも多く、修理費用が高くついてしまう可能性もあります。
お洒落な見た目に、購入意欲を刺激されがちですが、省スペースであれば、ネットブックや小型ノートPCで十分に思えます。

設置場所の確保をよく考えておく

デスクトップPCは小型なものからハイタワー型のような大きなものまであります。
後々HDDやSSDの増設やGPUの増設を考えたらハイタワー型のような大きなケースのものが良いです、ただ設置場所にどうしても困ることが多いのも事実です。
サーバーとしての使用でしたら、有線LANを施設した近辺に設置が良いでしょう、自室でメインで使用したいのであれば、机まわりに設置スペースを作成し、埃がたまらぬよう、そして排熱ができるよう換気が行き届いた環境にしておきましょう。

電源容量に要注意

最初に普通のデスクトップを買って、あとからグラフィックボードを追加購入して設置しようと考えている人は意外と多いようです。最初は予算が足りなくてゲーミングPCを買えないから、とりあえずグラフィックボードなしのデスクトップを買って、お金が溜まったらグラフィックボードを買うというパターンです。
悪くはありませんが、拡張性と電源容量に注意が必要です。というのもグラフィックボードを搭載するためにはマザーボードの空きスロットと電源容量の余裕が欠かせません。これらが不足しているのにグラフィックボードを購入してもゲーミングPCとして使えません。だからゲーミングPCおすすめとなるパーツ構成はPCI Express X16の空きがあること、電源ユニットが500W以上の容量があることが大切です。もしもデスクトップの購入時にこれらのカスタマイズができないなら、素直にお金をためて最初からデスクトップゲーミングPCを買った方がいいのです。

上記のことがらをしっかり決めたら、あとは予算との相談となります、自分の使いたいパソコン像が決まらぬまま、ふわっとした状態で購入をしてしまうのが一番勿体無いことになりかねませんので、くれぐれも注意しましょう。